Home > About Us

About us

カネマスについて/会社概要


創業 明治二年
カネマスは京都府北部の廻船業者として、全国各地の特産品を扱う卸し業を開業いたしました。

そして現在、京都府宮津市にて地域最古の卸し業として営みながら丹後の自然が育んだ食材を取り扱っています。


乾物・原材料の『量り売り』
丹後の海で獲れた魚の『一刻干し』
また、それら丹後の新鮮な食材・野菜・特産品などをそのまま
七輪で焼いてお召し上がり頂く『カネマスの七輪焼き』は


丹後のおいしい食材をもっと多くの方に知って欲しい――



丹後で長く営んできた 私達のそんな思いから生まれたお店です。



                 カネマス五代目 谷口嘉一


カタログ

カネマスのある旧宮津市街

―――歴史のある建造物

  • 旧三上家

    旧三上家住宅

    三上家は屋号を元結屋といい、江戸時代において宮津城下有数の商家のひとつでした。 現在、主屋をはじめとする八棟が国の重要文化財に指定されています。

  • 教会

    カトリック宮津教会

    洗者聖ヨハネ天主堂ともいわれ、フランス人のルイ・ルラーブ神父が1896年(明治29)に造った木造の教会で、現役の聖堂としては日本で最古のものとされています。

  • >蕪村寺

    蕪村寺(見性寺)

    別名を蕪村寺といい、俳人与謝蕪村が3年間(39歳~42歳)滞在し、ここを根拠として俳句のみでなく画業にも励み、蕪村画大成の基礎を作ったといわれています。

このページのTOPに戻る ▲